転職しようと思った理由はなんですか?

前の会社は基本は印刷業でしたから、営業と制作がはっきり分かれていて、それぞれの役割分担も別々。
Web部門もその流れを踏襲しているため、制作メンバーはお客様とのやり取りをすることができませんでした。
私としてはデザインの意図やメリットをキチンとお客様に伝え理解を得ることが、仕事のクオリティアップにつながると考えていたので、この点は不満。
制作側でもお客様とのコミュニケーションがとれる職場を求めて転職することにしました。
この会社でその希望が叶ったわけですが、お客様の理解を得るということは今でも重要と感じる反面、制作と営業のマルチタスクの難しさも実感している昨今です。

唐沢農機へ入社を決めた理由はなんですか?

きっかけは私のデザインの師匠だったヒトに、「東御市になんだか面白いWeb会社があるよ」と言われたのがきっかけです。
すぐに唐沢農機サービスのホームページを閲覧したところ、「お客様とのコミュニケーションを第一にしている」という一文を発見、前職でできなかったことができるようになるのでは感じ入社したいと思いました。
農機具屋でありながら内部制作でキチンとしたホームページを持っているところも面白く感じたことです。
また、妻の実家が専業農家ということもあり、農機具屋がベースである唐沢農機サービスは、自分の境遇にぴったりだと感じました。

入社してから現在に至るまでどのような仕事をしていますか?

Webサイトの制作業務がメインですが、紙媒体や看板、新店舗のデザインなどもやりました。
デザイン一辺倒だった私の仕事ぶりを見て、社長から出されたのが「デザイン禁止令」なるもの。
なので、ディレクションオンリーの業務をしていた時期もありました。
そのとき携わったアクセス解析やそれをもとにした改善提案業務は、結果的にデザインをするうえでもクオリティアップにつながったのでは。
“農家直売どっとこむ”というショッピングサイトを丸々担当したこともありました。この仕事は、サイトの出来や運営面の良し悪しが、直に売り上げにつかがるのでタイヘン。ちょっと苦労しました。

SCHEDULE of one day

  • 08:30朝礼
  • 08:30タスク処理
  • 09:00制作業務(デザイン・コーディング・CMS構築)
  • 10:30アクセス分析
  • 12:00お昼ご飯
  • 13:00レポート作成
  • 14:30見積もり
  • 16:00打ち合わせ
  • 17:30退社

唐沢農機のいいところ

大学は理工系の学部でしたが、紆余曲折あって、Webのデザインという仕事にたどり着きました。
いまそのデザイン制作の業務をやらせていただいていることが良いことです。
他の会社では経験できない業務も幅広く経験することで、デザインにも良い影響が出ているのではないかと思っています。
特に自分のした仕事がどれだけ利益になったか、というところまで考えなくてならないのは、他社と比べても非常にシビアだと感じたところです。
デザイナーに見積もり原価をつくらせてくれる会社はざらに有るものではない気がします。
数字が出るので責任を問われる反面、作業をするうえでの納得感につながっている気がします。

唐沢農機の悪いところ

割り当てられる業務の幅が広いということは、良いところである反面、悪いところでもあるかもしれません。
マルチプレイヤーは多いけれど、本当の「職人」は育ちづらい環境のように感じています。
私はデザインがやりたくてデザイナーになったので、デザインを極めたいのが本心です。
他の業務は“肥し”にはなりますが、やはりデザインに専念できる時間がほしい。ただ、最近はありがたいことにそれも解消されているので助かっています。
後は、感じ方次第とは思いますが、ベンチャー企業であるため、大手企業のような安定感は無いのかもしれません(大手企業に在籍していたことないのでわかりませんが)。

これからの仕事・人生の目標(夢)を教えてください。

周りからは「一生デザインで食っていくの?」と言われることもありますが、そうしていきたい希望はあります。
正確には、デザインを中心としたさまざまな業務で活躍していきたいという感覚です。
また、妻の実家が専業農家であるため、一生なんらかのカタチで農業とは関わることになると思います。
「個々の農家」がこれから健全に生き残っていくために、デザインでどんなことができるのか?妻の実家をテストケースに取り組んでみたい課題です。
私事の夢は、きっとこれがいちばん難しいことなのでしょう。
生まれた子供をキチンと育てられる親になりたいです。マイホームも建てたいし。

入社を考えている方にメッセージをお願いします。

当社は良くも悪くも「ベンチャー企業」です。
関わる仕事は、比較的に自由度が高い反面、会社の業績にダイレクトに反映されたり、責任を問われることが多いのではないかと思います。
社長は社員のやる気に対してキチンと答えてくれる方なので、「やりたいこと」が明確な人にはとても良いのではないでしょうか。
ただし、「やりたいことを責任をもってやる」ことが求められますので、楽しいことだけではなく、面倒なことや胃の痛くなる思いもするかもしれません。
それでもチャレンジしたい人はぜひ!

求人一覧を見る