転職しようと思った理由はなんですか?

元々は製薬会社など横浜や東京の会社に務めておりましたが、地元に戻ってこなければならない事情ができてしまい長野県にUターンしてきました。
こちらでは親戚が上田市で経営するドラッグストアにしばらく勤めていましたが、叔父が亡くなり会社を閉じなくてはならないことになり、再度職探しをしなければならなくなったのが理由です。
なので、職場を転じる純粋な転職とはちょっと違うケースになります。やむを得ない再就職といったカンジです。

唐沢農機へ入社を決めた理由はなんですか?

東京などで営業として働いていたので、Uターンして営業職を条件に職探しをしたところ唐沢農機サービスの求人を見つけて応募しました。
紹介してくれたのはハローワークです。正直、リフォーム会社など、ほかにもいくつかの候補もありました。
最終的にこの会社を選んだのは面接の際に聞いたハナシに魅かれたからです。
農機具の販売や修理・整備のほかに、自社のWebサービスを持っており、その営業をしてもらうかもしれないとのことでした。
小さい会社なのに面白いことをやろうとしているなと興味を持ったのが、入ることを決めた理由です。

入社してから現在に至るまでどのような仕事をしていますか?

まったく農機具のことなど知りませんし、修理や整備などをしたことがありませんでしたが、入社してから半年間は農機の営業や修理のお手伝いをしていました。
中古農機のインターネットでの売買を仲介する自社のWebサイト“ノウキナビ”がオープンしてからはノウキナビの営業をスタート。
サイトに中古農機を登録してもらう全国の販売店会員さんを獲得するために、一週間おきに北は青森、西は山口までクルマで営業に回る日々です。
会社にいる週は農機部門の手伝い、農業部門のサポートと臨機応変に対応しています。

SCHEDULE of one day

  • 08:00一日の訪問先の設定
  • 08:30移動・販売店訪問
  • 12:00昼食
  • 13:00移動・販売店訪問
  • 17:30宿泊先到着

唐沢農機のいいところ

まず、従業員の平均年齢が若いということが良い点です。わたしは年齢を上げている方ですが、30歳近く離れている若人もいたりして、パソコンなども丁寧に教えてくれますし、いつも活気をもらっています。お休み関係もいいカンジです。年間休日が多いし、有給休暇もとりやすい。残業はないはずですが、皆さん定時になっても、椅子におしりがくっついている。これはちょっと問題かも。また、ミーティングで自由に自分の意見が言えるのも良いことです。社内の雰囲気も和気あいあいとしていて、堅苦しくないところも気に入っています。日本全国、いろいろなところに行けるのも役得です。農機具屋も“所変われば品変わる”で、違う地方色を直に感じられて、勉強になります。

唐沢農機の悪いところ

会社の方針がたびたび変わることがあります。一貫性がほしいところですが、これは発展途上ゆえのフレキシブルな動きということで許しましょう。給料に関してはちょっと不満。田舎暮しなのでなんとかなっていますが、早く大きい会社になって、ちょっとでも上げてもらいたいというのが正直な思いです。最後に、いつも全国の農機具屋さんを見ている営業としての意見をひとつ。多くの農機具販売店はお客さんが来たら必ずお茶を出しています。ただお茶を飲みながら話をするだけにいらっしゃる農家さんもいるぐらいです。こんな“のんびり外交”も田舎では必要なのではないでしょうか。

これからの仕事・人生の目標(夢)を教えてください。

わたしはもうすぐ五十路。着々と現役を引退する年齢が近づいています。わたしが営業を担当している唐沢農機の運営による中古農機情報サイト“ノウキナビ”も今年で丸5年。この“ノウキナビ”をさらに大きくステップアップさせるために、より多くの販売店を獲得したいと考えています。そして、全国にノウキナビの実店舗をつくり、農業をする人なら誰もが知っている「中古農機情報サイトのノウキナビ」と言われるようにしたい。もっとメジャーな存在になることを目指したいです。

入社を考えている方にメッセージをお願いします。

あなたが望む仕事なのかはやってみないと分からないことかもしれません。ただ、農機具に関わること、インターネット関係、農業事業を自分で考えながら進めていきたいのなら、それを育む場所と時間はあるばずです。勇気と希望を持って弊社に入社してください。高いスキルの先輩たちもたくさんいますので、一緒に仕事をすることでお互いに学びながら成長することが出来ると思います。色々と不安もあることでしょうが、誰もがやさしく接してくれますのでとりあえず頑張りましょう。

求人一覧を見る