転職しようと思った理由はなんですか?

長野県へIターンした時に転職しましたが、また転職をしようと考えるとは思っていませんでした。
田圃・畑に囲まれた場所で生活するようになり、土と向き合い自分で野菜を育てる中で、衰退していく日本の農業で何か役立てることはないのか、普段口にする「食」について考えるようになりました。まだ先の長い社会人生の時間をどのように使うか考えた時、チャレンジしたいことをやらずに後悔はしたくないと考え実行に移しました。

唐沢農機へ入社を決めた理由はなんですか?

農機具を販売している企業は数多あれど、農機具の販売もしつつ中古農機を再生/流通させるインフラを構築、活性化させようとチャレンジしているところに惹かれました(しかも居住地と同じ東御市内)。また衰退産業ではある一方で、人間が生きていく上で欠かすことができない「食」、日本の農業の下支えの一助になれればと考えました。単なる農機具販売の会社であれば転職は考えませんでした。

入社してから現在に至るまでどのような仕事をしていますか?

入社してまだ間もないですが、インターネット事業の営業をメインとした業務を行なっています。
営業といっても、有形の製品を販売するのではなくお客様が抱えている課題をインターネットを使って解決するコンサルタント営業になるため、さまざまな知識が求められ業界の違うお客様へさまざまな角度から提案するスキルが求められます。
日々インターネット業界の勉強をしながら業務に取り組んでいます。

SCHEDULE of one day

  • 08:00出社
  • 08:30朝礼
  • 09:00チャット/メールチェック
  • 10:00社内定例MTG
  • 11:00見積書・サイトマップ作成
  • 12:00昼食
  • 13:00出張/顧客訪問(顧客が抱えている課題をヒアリング)
  • 16:00帰社・営業報告
  • 17:30退社

唐沢農機のいいところ

コンサルタント営業なので、さまざまな知識をインプットしなければなりませんが、それらをアウトプットして自分のものにできれば一生の財産になると信じています。
働く仲間は皆勤勉で、自分が持っていなかった考え方に触れる機会も多く、業務に取り組む姿勢も自ずと変わってきます。
日々成長できる職場は自分にとってプラスポイントです。

唐沢農機の悪いところ

前職はそれなりの規模の会社に勤めていましたので、仮に自分のミスで会社に損害が発生しても会社が傾くことは考えられませんでしたが、唐沢農機はベンチャー企業なので、自分のミスで会社の業績が傾くリスクはあると考えています。
それを悪いことと一言では片付けられませんが、逆に言うと自分の取り組み次第で会社が大きく成長できることを肌で感じることができることは何物にも代えがたいことだと考えています。

これからの仕事・人生の目標(夢)を教えてください。

インプット/アウトプットを増やして業界問わずコンサルティング営業ができるようになるのはもちろん、能動的に注文を取ってこれる仕組みを作りたい(作らなければならない)。
また、農機事業の営業についても、他社と差別化を図り、唐沢農機ならではのサービスで農機市場の需要と供給を制する仕組みを作りたい(作らなければならない)。
農業だけではない他の一次産業でも何か形に残る仕事ができれば良いなと考えています。

入社を考えている方にメッセージをお願いします。

唐沢農機では会社が良い方向へ向かうことならバンバン意見が出せる環境があります。どんな仕事でも少なからず責任が付きまとうものです。まだ先の長い社会人生、一度きりしかない人生。
時間は人間皆平等に与えられていますが、その時間をどう費やすかは人それぞれ。労働に長い時間を費やすのであれば、ドキドキワクワクする仕事を一緒に創っていきましょう。

求人一覧を見る